個人面接質問_過去問より

□学習指導要領総則にはいくつの項目があるか。
□学習指導要領の法的根拠。
□不登校の定義。
□いじめの定義。
□いじめの法律名。
□教育基本法の目標はいくつあるか。
□教育基本法第二条の内容。どう実践するか。

教採スクール本科生の回答

4つです。(教育課程編成の一般方針・内容等の取扱いに関する共通事項・授業時数の取扱い・指導計画等の作成に当たって配慮すべき事項)

++++++++++++++

昭和33年の学校教育法施行規則を改正し学習指導要領が告示とともに法的拘束力を有するとして今日に至っています。
また、学校教育法施行規則第25条に教育課程については文部科学大臣が定めるとあります。

++++++++++++++

年度間に連続または継続して30日以上欠席した児童生徒

++++++++++++++

当該児童生徒が一定の人間関係のある者から心理的・物理的な攻撃を受けたことにより精神的な苦痛を感じているもの。

++++++++++++++

いじめ防止対策推進法です。

++++++++++++++

5つです。

++++++++++++++

生徒が自己肯定間に満ち溢れ、学校に来ることが楽しいと思えるような学級づくりをし、個々の課題に向き合い乗り越えられるように教師としてサポートします。

++++++++++++++

LINE@で「今日の教職教養」を問題形式で配信しています!
□問題配信_8時
□解答配信_15時

↓ ↓ ↓

********************************

教採スクールでは例年合格率80%の実績を残しています。

合格メソッドの一つがWEB講座と併用して
教員採用試験のプロである学習coachが
受講生の日々の学習管理と論文面接添削を
オンラインにて個別指導をしているからです。

指導形態の詳細は
ココをクリックしてご覧になり、
不明点は下記にお問い合わせ下さい。

教採スクール(運営会社_株式会社Educe Japan)
電  話 018-827-7047
メール [email protected]

********************************